[PR]

 中国の科学者が安全性が確立していない人間のゲノム編集技術を使い、双子の女児を誕生させた問題で、広東省深圳市の裁判所は30日、違法な医療行為を行った罪に問われた科学者に懲役3年罰金300万元(約4700万円)とする実刑判決を言い渡した。国営新華社通信が伝えた。

 この科学者は南方科技大(同市)の副教授だった賀建奎被告。賀被告は昨年11月、双子の誕生を発表していた。その後に、3人目となる子供1人が新たに生まれていたことも、判決で明らかになった。3人目の子供の性別など詳細は不明。

 判決によると、賀被告は「エイズウイルス(HIV)に対する免疫を持つ子供を生むことができる」との名目で、HIVに感染した男性と、感染していないパートナーの女性の受精卵のゲノム編集を行い、計3人の子供を誕生させた。倫理審査の資料を偽造し、チェックをすり抜けていたという。

 判決は犯行の動機について「名…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら