[PR]

 12月31日深夜から2020年1月4日未明にシステムの整備をするため、多くの金融機関のATM(現金自動出入機)利用が制限される。他行のATMでキャッシュカードでの引き出しや預け入れができなくなるほか、他行あてに振り込む際、受取人の口座名義を入力する必要がある。

 全国銀行協会によると、金融機関のATMをつなぐシステムのメンテナンス。金融機関によっては期間が長くなる。多くのキャッシュカードは、自行のATMでは通常通りに出入金できるが、自行以外だとできなくなる。ゆうちょ銀行やコンビニのATMの場合、提携先の金融機関であれば他行カードを使える場合もある。また、ATMやインターネットバンキングで他行あてに振り込む際は、振込先の銀行名・支店名・口座番号の入力など通常の手続きに加え、受取人口座名義も自分で入力する必要があるという。(寺西和男)