[PR]

 2019年に幕が引かれる。この1年、「平成」という時代だけでなく、社会の変化にともなって、様々なものが終わりを告げた。いつもあると思っていた風景や商品が、ふと気づくと消えている。残された思い出を街で語ってもらった。

フルーツ牛乳

拡大する写真・図版4月に販売を終えた明治の瓶入りフルーツ牛乳「明治フルーツ」。1958年に発売した(同社提供)

 「甘くて苦いですね」。単身赴任先の福島県南会津町から帰省していた千葉県成田市の建設コンサルタントの男性(47)が語るのは、フルーツ牛乳の思い出だ。

 30年ほど前、男性は宮城県の公立高校に入学した。校内の売店の一番人気はフルーツ牛乳。行列ができ、すぐに売り切れた。

 入部した野球部に、おきてがあった。先輩の分を残すため、1年生はフルーツ牛乳を買ってはいけない。2年生の見張りもいた。

 ある日、ひらめいた。代わりに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら