[PR]

 「おばちゃん」目線で「オッサン」社会にツッコミを入れよう――。法学者の谷口真由美さん(44)が始めたフェイスブック(FB)上のグループ「全日本おばちゃん党」が12月31日いっぱいで解散した。男性中心の政治に、シャレと愛を込めてモノを申した7年。おばちゃん党とは何だったのか。

 「カラスとスズメとハトしかおらんし」

 谷口さんはテレビの前でぼやいた。2012年9月、民主党(当時)代表選と自民党総裁選が連日のように報道されていた。カラスは黒、スズメは茶、ハトはグレー。似た色のスーツを着た男性候補者たちが並ぶ。女性は1人もいない。

 「『おばちゃん党』でもつくったろか」

 地元大阪では、大阪維新の会が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら