[PR]

 県は1月31日、CSF(豚コレラ)対策などを話し合う有識者会議を開いた。会議後、CSF発生農家の経営再開を後押しするために、県は「CSF対策・養豚業再生支援センター」(仮称)を設置する方針を明らかにした。

 CSFは2018年9月、岐阜市内の養豚場で国内では26年ぶりに発生し、全国に広がった。県内では発生から1年で飼育豚の約6割を失うなど大打撃を受けている。

 県によると、再生支援センターは、経営再開を目指す農家の実情に応じた融資などの相談や支援の拠点として位置づける。管理マニュアルなど飼養衛生管理の手引きを作成したり、生産者や業界団体が参加する「地域防疫を考える会」を開いたりすることを想定している。

 飛驒家畜保健衛生所に、緊急性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら