[PR]

 全日本空輸(ANA)の平子裕志社長は31日、新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に拡大している問題に関連し、日本と中国を結ぶ航空便について「運休は考えざるを得ない」と語った。31日午前、東京都内でのシンガポール航空との提携会見で語った。

 中国便については海外の一部の航空会社で運休の動きが出ているが、便数が多い日本の航空会社が運休に踏み込めば影響は大きい。

 ANAは中国10都市11地点に就航している。新型肺炎が発生した中国・武漢への定期便は3月1日まで運休するとすでに表明している。

 ANAによると、現時点での2~3月の中国便の予約状況は、中国発は前年同時期から半減しており、日本発は約4割減になっているという。(南日慶子)

北九州―大連便欠航へ  中国東方航空

 中国東方航空は北九州空港と中国・大連を結ぶ路線を2月8日から29日まで欠航する。同社は欠航理由を「公衆衛生安全上のため」と説明。欠航の期間は変更する可能性があるという。

 同社から連絡を受けた北九州市が31日に発表した。市は、中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている影響とみている。

 東方航空によると、北九州―大連便は昨年8月に就航。現在は月、水、土曜に各1往復を運航している。発券した航空券は日付の変更や払い戻しを受け付けている。(井石栄司)