[PR]

 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)。拡大を続けてきたEUにとっては初めての加盟国減少となり、英国という大国との「別れ」でもある。欧州政治が専門の遠藤乾・北海道大学公共政策大学院長に聞いた。ブレグジットの意味するものとは? 結局、勝ったのは誰なのでしょうか?

 ――2016年の英国での国民投票で52%が賛成した「EUからの離脱」は、どの程度大きな出来事だと考えるべきでしょうか。

拡大する写真・図版遠藤乾さん

 「EUは現在28カ国が加盟し、計約5億人です。英国が抜けると、人口と域内総生産の約15%が失われる。EUにとって大きいことは間違いありません。英国の独特の地位もあります。米国とのパイプや外交ネットワーク、そして軍事面での存在感も大きい。EUにとっては間違いなく痛手でしょう。ただ……」

 ――ただ?

 「致命的ではありません。かつ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら