[PR]

 大量の個人情報を含む神奈川県庁のハードディスク(HDD)が流出した問題を受け、国土交通省は31日、当時社員だった男=窃盗罪で起訴=がHDDを外部に転売した「ブロードリンク」を同日から2カ月間の指名停止処分にしたと発表した。

 国交省は2016~18年度、同社と計4件、約2千万円分の契約を結び、パソコンやHDDのデータ消去などを依頼していた。職員がデータを消去してから同社に引き渡しをしていることなどから、外部への情報流出は確認されていないという。

 ブロードリンクはHDD転売の発覚後、神奈川県から3カ月の指名停止処分を受け、防衛省や神戸市なども相次いで指名停止処分を公表した。