拡大する写真・図版北京駅で29日、マスクをつけて歩く乗客=AFP時事

[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国国内で予定されていたイベントが相次いで中止や延期に追い込まれている。いまやスポーツや文化においても大きな市場となった中国。感染拡大の影響は今後も広がりそうだ。

 米女子プロゴルフ協会(LPGA)は30日、海南島で3月5~8日に開催予定だったツアー大会の中止を決めた。声明で「選手やファン、ツアーのために働くみなさんの健康と安全が、我々にとって一番大事なことだ」と理由を説明した。

 南京で3月13~15日に開かれる予定だった陸上の世界室内選手権も、29日に1年間の延期が決まった。主催者によると、医療チームの助言や世界保健機関(WHO)との相談内容を受けての判断で、代替地での開催も検討したが、「中国国外へのウイルス拡大に対する懸念が残る」として延期を決めたという。

 ボストン交響楽団は30日、2月に予定していた東アジアツアーを中止すると発表。6~16日にソウルや台北、香港や上海を訪れる予定だった。代表のマーク・ボルペ氏は声明で「素晴らしい聴衆の前で演奏ができなくなったことをとても残念に思う」と述べた。

他にも、米国内の多くの学校が中国の学校との交換留学プログラムを一時停止するなどの影響が出ている。(ニューヨーク=藤原学思)

     ◇

 中国湖北省武漢市などで新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、シンガポール政府は1月31日、過去14日間に中国大陸に滞在した外国人(永住権や長期滞在ビザを持つ人をのぞく)と、中国のパスポートを持つ人の入国を禁じると発表した。入国禁止は2月1日夜に開始する。

 中国のパスポートを持っていても、長く別の国に暮らしていた場合などは入国を認める可能性もあるという。シンガポール政府は1月29日以来、過去14日間に湖北省に滞在した人らの入国を禁じていたが、その範囲を広げた形だ。(シンガポール=守真弓)

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、英国の保健当局は31日、英国内で2人の感染が確認されたと明らかにした。英BBCが伝えた。2人は家族だが、詳しい身元は明らかにされていない。英国内で感染が確認されたのは初めて。

 またこの日、中国・武漢で足止めされていた英国人83人と、主にスペインなどの欧州連合(EU)市民とみられる27人を乗せた航空機が武漢を出発した。航空機は英国政府が手配したもので、ロンドン郊外の空軍基地に英国時間の31日昼過ぎに到着した。英国人の乗客は、ロンドンから北西に300キロ以上離れたウィラル半島の病院に2週間隔離される予定だ。それ以外の乗客は、スペインに向かうという。

 帰国便には当初、150人程度の英国人が乗るとみられていたが、中国人の配偶者が搭乗を断られるなどの混乱があり、想定より少なくなったという。英政府は必要があれば再び航空機を手配するとしている。

 一方、フランスでは31日、武漢に滞在していたフランス人約200人を乗せた飛行機が、南仏マルセイユ近郊の仏軍基地に到着した。乗客は近くの保養施設に2週間隔離される。仏政府は当初パリ周辺の受け入れ施設を使う方針だったが、「快適で十分な広さがある」場所を選んだという。

 フランスでは30日、初めて医師の感染が明らかになった。中国に帰ってから発症した人から感染したという。ヒトからヒトへの感染がフランスで確認されたのも初めて。仏国内の感染者は6人目。

 ドイツのマース外相は31日、武漢周辺に滞在するドイツ人の避難のため、ドイツ連邦軍の航空機を中国に向けて出発させたと発表した。現地には100人以上のドイツ人がいるが、新型コロナウイルスの感染者はいないとしている。

 ただ、帰還した人たちは軍の施設で約2週間隔離され、実際に感染していないかの確認を受けるという。

 一方、ドイツ南部バイエルン州の保健当局によると、ドイツでは6人目の感染者が31日に確認された。これまで同州南部の自動車部品会社で働く社員5人が感染しており、6人目はそのうちの子どもだった。症状は安定しているという。

 同社では、中国在住の社員がドイツに出張して会議に参加した後、最初の感染者が確認された。中国在住の社員は出張前、武漢に住む両親の訪問を受けていたという。

 保健当局は、感染者と接触した人たちに感染が広がっていないか、確認を続けている。(ロンドン=下司佳代子、野島淳、パリ=疋田多揚)

     ◇ 

 ロシアのゴリコワ副首相は31日、同国中部のチュメニ地方と東シベリアのザバイカル地方で中国人2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと明らかにした。ロシアで感染が確認されたのは初めて。

 また、ゴリコワ氏は、湖北省に滞在する自国民を希望に応じて特別機で避難させることを明らかにした。帰国後は14日間、隔離されるという。同氏によると、武漢には300人、湖北省全体では641人のロシア国籍者が滞在しているという。(モスクワ=喜田尚)