[PR]

 新型肺炎の原因となるコロナウイルスの感染が国内でも広がり、見えない「相手」に怖さも感じます。陰に隠れがちですが、インフルエンザも楽観視できません。効果的な感染症対策が求められます。体の免疫力を高める食事、そして何より、感染したかもと思ったら……。専門家に聞きました。

マスクは正しく着けて

 「インフルエンザと同じように、落ち着いて感染症対策をとってもらえれば」。新型肺炎が広がる中、全国に4カ所ある特定感染症指定医療機関の一つ、「りんくう総合医療センター」(大阪府)の倭(やまと)正也・感染症センター長はこう話す。

 「人混みに出る時はマスクを正しく着けて」と倭・感染症センター長。マスクの上下や裏表を確認し、鼻まで覆って隙間がないようにする。ウイルスがマスクをすり抜けてしまう懸念をもたれがちだが、「至近距離の飛沫(ひまつ)には一定の効果があると考えられます」。

 注意したいのは、マスクを口から外してあごに下げること。「あごに付いたウイルスがマスクの内側に付いてしまう。避けてほしい」。ウイルスはマスクの外側に付いている。マスクを取った手で顔を触らず、せっけんでよく手を洗うことが大事だという。

 山梨大病院の井上修特任教授(感染制御)は「アルコール消毒は感染防止に有効と考えられる」と話す。

■アルコール消毒、10秒以上こ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら