[PR]

 国立感染症研究所(東京都新宿区)は31日、新型肺炎の原因となるコロナウイルスの分離に成功した、と発表した。国内外の研究機関に提供し、治療薬やワクチン開発に役立てる。

 感染研によると、患者から採取した組織を培養し観察したところ、細胞に侵入して増殖した大量のコロナウイルスを発見したという。遺伝子配列は中国が公開している新型コロナウイルスの遺伝子型と99・9%一致した。今後、ウイルスがヒトに感染する仕組みや毒性を調べる方針だ。

 これまでに、中国とオーストラリアの研究チームが新型コロナウイルスの分離に成功している。