拡大する写真・図版1921(大正10)年に撮影した首里城正殿。劣化が激しいが、左の2階には女性と機織り機のような物が見える。当時、首里区立女子工芸学校(後の沖縄県立首里高等女学校)の校舎として使われており、学校の100周年記念誌によると、機織り実習室として使われていた

[PR]

 大正から昭和初期にかけて撮影された首里城(那覇市)の正殿や、城内を行き来する庶民の姿を鮮明にとらえた写真が、朝日新聞大阪本社で見つかった。沖縄の戦前の写真は戦争で焼失したものが多い。専門家は「生活になじみ始めた首里城の姿を写しており貴重」と話す。

 昨年10月31日の首里城火災から31日で3カ月。火災後、戦前の写真を保管する大阪本社で首里城関連の写真を探した結果、紙焼きの13枚が見つかった。写真の大半に1921(大正10)~36(昭和11)年の日付のスタンプが押されており、この期間に撮影されたとみられる。

拡大する写真・図版撮影年不明だが大正末~昭和初めごろに撮影したとみられる守礼門。奥には歓会門も見える。修復作業をしていたのか、道の両脇には大きな石が置いてある

拡大する写真・図版1936(昭和11)年に撮影されたとみられる歓会門(かんかいもん)。歓会門は首里城の正門で、中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」など首里城を訪れる人への歓迎の意を込めて名付けられたとされる

 首里城はもともと琉球王国の居…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら