拡大する写真・図版「新型コロナウイルス」の情報を装うメール(情報処理推進機構提供)

[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が広がる中、保健所などをかたって新型コロナウイルスに関する情報を装う「ウイルスメール」が現れた。セキュリティー会社などが注意を呼びかけている。

 新型肺炎は、中国の湖北省武漢市を中心に感染が広がっている。独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」によると、確認されたメールは、実在する国内の保健所を装って送られていた。

 本文には、新型コロナウイルスについて「国内でも患者が報告されている」「別途通知をご確認いただき、感染予防対策についてよろしくお願いいたします」と書かれており、添付ファイルを開くよう誘導する内容だった。

 受信した人が添付ファイルを開くと、「Emotet(エモテット)」と呼ばれるコンピューターウイルスに感染する恐れがある。

 エモテットは、感染したパソコ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら