拡大する写真・図版衆院予算委で、野党統一会派の山井和則氏の質問に答弁する安倍晋三首相=2020年1月31日午前10時37分、岩下毅撮影

[PR]

 「桜を見る会」の前日に例年行われてきた安倍晋三首相の後援会主催の夕食会をめぐり、首相は31日、政治資金収支報告書に夕食会の記載がない理由として、苦しい説明を展開した。会場のホテルと契約を交わしたのが後援会ではなく、参加した800人の「個人」というもので、不記載の合法性を改めて強調した。専門家からは「脱法行為だ」との指摘が出ている。

 31日の衆院予算委員会の集中審議で、野党統一会派の山井和則氏(無所属)に答えた。

 収支報告書への不記載はたびたび追及されてきたが、首相は「ホテル側立ち会いのもと、事務所職員が集金し、ホテル側に渡した。主催の後援会の収支は一切無い」として、問題ないとの立場を取っている。

 山井氏は首相に対し、「いったん事務所の秘書がお金を受け取っている。主催の後援会が契約主体ではないか」と迫った。首相の主張を突き崩し、不記載の違法性をあぶり出す狙いだったが、首相は「契約者の主体は参加者個人」と言い切った。

 山井氏は首相の選挙区で毎年開…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら