[PR]

 愛知県豊田市小坂本町4丁目の国道153号で31日午前2時ごろ、トラックと40代ぐらいの男性が衝突した。豊田署によると、男性は事故現場から約13キロにわたりトラックに引きずられたとみられ、消防が駆けつけた時にはすでに死亡していたという。

 署は、トラックを運転していた愛知県半田市花園町2丁目の会社役員、榊原康行容疑者(50)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。調べに対し、「ゴミを踏んだと思ったら人だった」と話しているという。

 榊原容疑者は車を運転中に異音がしたため、トラックの荷台下部を調べたところ男性を発見。自ら110番通報したという。衝突したとみられる現場には、男性の所持品や血痕があったといい、署が身元の確認をしている。