[PR]

 フランス外務省は12月31日、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長がレバノンに逃亡したことについて「日本を出国したことを仏当局は知らされていなかった」との声明を発表した。

 声明ではゴーン前会長について、「日本で起訴されており、出国できないような措置が取られていた」との認識を示しており、仏政府の関与を否定したものとみられる。また、レバノンへの入国は報道で知ったとしており、どう日本を出国したかも「まったくわからない」という。

 レバノンのジュレイサティ国務相は仏メディアに対し、「ゴーン氏はフランスのパスポートとレバノンの身分証を持って合法的に入国した」と語っていた。

 ゴーン前会長の弁護団の弘中惇…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら