[PR]

 1日午前3時半ごろ、東京都豊島区北大塚3丁目の無職男性(92)宅に2人組の男が押し入り、住人を緊縛し、現金約20万円などを奪い逃走した。男性は暴行を受け、右肋骨(ろっこつ)骨折の重傷を負った。警視庁は強盗傷害容疑で調べている。

 巣鴨署によると、男らは家の中に侵入後、1階の寝室で寝ていた男性の顔や胸を殴った上で、粘着テープで両手を縛って口を塞ぎ、男性と同じ部屋で寝ていた妻(80)と2階で寝ていた息子(52)も同様に縛るなどした。

 その後、「殺されたくなければ、言うことを聞け」などと3人を脅して、キャッシュカードなどの暗証番号を聞き出し、家の中にあった現金約20万円とカード約10枚を奪って逃げたという。

 男らは、ともに20~30歳くらいでマスクを着用。1人は黒色のダウンジャケットを着ていたという。