令和初めての新年を迎えた1日、皇居・宮殿では、天皇、皇后両陛下が、皇族方や三権の長、各国大使らから祝いの言葉を受ける「新年祝賀の儀」が行われた。天皇陛下は、正殿松の間で、大島理森衆院議長や山東昭子参院議長らからあいさつを受け、「新しい年を共に祝うことを誠にうれしく思います。年頭にあたり、国民の幸せと国の発展を祈ります」などと述べた。

 この行事は毎年の元日、午前から午後にかけて両陛下が新年の祝賀を受けるもので、国事行為だ。天皇陛下は燕尾(えんび)服姿に「大勲位菊花章頸飾(けいしょく)」などの勲章を着用し、皇后雅子さまはローブ・デコルテと呼ばれるロングドレスにティアラを身につけて臨んだ。皇嗣の秋篠宮さまや紀子さまをはじめとする皇族方も出席した。