[PR]

 政府への抗議デモが続く香港で1日、元日恒例のデモ行進があった。主催者発表で昨年より大幅に多い103万人超(警察発表は約6万500人)が参加し、政府に対する不満が根強いことを示した。途中、警察とデモ隊の一部が衝突に発展。警察の指示を受け、主催者は途中での中止を決定した。

 デモ行進を主催したのは、過去に100万人超を動員する抗議デモを実施した民主派の市民団体「民間人権陣線」。参加した市民は、普通選挙の導入など五大要求の実現を求めるスローガンなどを大声で叫びながら、香港島の大通りを埋め尽くした。

 例年、元日のデモは小規模で、1年前の参加者は主催者発表で5500人(警察発表は3200人)にとどまっていた。だが、香港政府が五大要求の受け入れ拒否を続けるうちに政府への不満が拡大。初めて元日のデモに参加した男子中学生(14)は「政府の姿勢が変わらない限り、闘争は終わらない」と訴えた。

 当初は平和なデモだったが、途…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら