[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が「新戦略兵器」の開発を表明したことをめぐり、ポンペオ米国務長官は12月31日、米CBSニュースのインタビューで、「北朝鮮が考え直し、外交的な解決策を引き続き目指すことを期待している」と語った。

 ポンペオ氏は「もし金委員長がトランプ米大統領との約束を破ったのであれば、深く失望する」と語ったうえで、正恩氏の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と核実験を中止するという約束は、トランプ米大統領の大規模な米韓合同軍事演習を中止するという約束との引き換えだった、と強調。「我々は自分たちの約束を守っており、彼(正恩氏)も守ることを期待している」と語った。

 一方、トランプ氏も同日、滞在先であるフロリダ州の別荘「マール・ア・ラーゴ」で記者団に対し、2018年6月のシンガポールでの米朝首脳会談で「彼(正恩氏)は非核化の合意文書に署名した」と強調。「彼(正恩氏)は約束を守る男だと思う」と語り、正恩氏が約束通り非核化を進め、ICBM発射と核実験を行わないように牽制(けんせい)した。(ワシントン=園田耕司)