[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、東京地検が捜査を始めたことが1日、関係者への取材でわかった。地検は警視庁に協力を要請。前会長が何らかの手段を使って不法に出国したとみて、出入国管理法違反容疑などを視野に出国までの経緯などを調べる方針だ。

 ゴーン前会長は海外渡航を禁じた東京地裁の保釈条件に反して出国。12月31日、「私はレバノンにいる。不正と政治的な迫害から逃れた」とする声明を公表した。

 レバノン治安当局者によると、ゴーン前会長は30日早朝にプライベートジェットでトルコから首都ベイルートに到着。旅券には本名の「カルロス・ゴーン・ビシャラ」との記載があったという。国土交通省によると、29日夜に関西空港を発ってトルコのイスタンブールに向かったプライベートジェットが1機あった。

 関係者によると、地検はゴーン前会長が不法に出国したとみて、捜査を開始。警視庁捜査1課に協力を要請し、裁判所から指定されていた東京都内の住居への人や車両の往来を確認するほか、防犯カメラを分析するなどして国内での足取りや出国までの経緯を調べるとみられる。

 レバノンメディアは、音楽バンドに扮した集団が前会長の自宅を訪ね、楽器を入れるための木箱に前会長を隠して連れ出したと報じている。前会長の逃亡に協力した者がいれば、犯人隠避容疑などが適用される可能性もある。

 ゴーン前会長は2018年11…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く