拡大する写真・図版 天皇杯を手にする三木谷浩史会長(中央右)と神戸の選手たち=内田光撮影

[PR]

 サッカーJ1神戸の天皇杯初優勝を受け、クラブの三木谷浩史会長(楽天会長兼社長)が1日、取材に答えた。

 ――クラブが生まれた1995年、銀行勤務時代に阪神・淡路大震災が起きた

 「孫正義さんと(米国に)海外出張する予定だったんです。朝起きて、同郷の同級生から電話がかかってきた。大変なことになっていると聞きました。翌日、岡山経由で神戸に入りました」

 ――震災で親類や友人を亡くした。心境の変化は

 「関西で地震があるなんて想像もしていなかった。悟りを開いたというと言い過ぎだけど、恐れることは何もないと思いました。失敗してもいいから、自分が正しいと思うことをやろうと、ふと思いましたね」

 ――震災から25年という節目で初優勝を飾った

 「スポーツというのは筋書きのないドラマというけれど、色んな人が感情移入をしている。その思いをみんなが背負いながらプレーしているから、感動が大きくなると思うんです」

 「阪神・淡路大震災は火災の被害が大きく、東日本大震災と違うダメージがあった。今だから言うけど、(2003年に)本当は引き受けるつもりはなかったんですよ。引き受けなかったら、クラブは消滅するって言われたので、恩返しと思って引き受けた。そしたら、どっぷり(サッカーに)はまってしまいましたね」

 ――私財を投じて、経営し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら