オーストリア・緑の党、初の政権入りへ 気候問題に意欲

有料記事

ベルリン=野島淳
[PR]

 オーストリアで1日、環境政党の緑の党が初めて、政権入りすることが決まった。昨年9月の総選挙で第1党となった中道右派・国民党との間で連立協議がまとまり、両党首が発表した。首相は引き続き国民党のクルツ党首が務め、緑の党のコグラー党首が副首相になる予定だ。

 ロイター通信によると、クルツ氏は記者団に「両方の長所を結びつけることに成功した」と述べた。国民党が主張していた減税などの税制改革を進める一方、気候変動対策などを進めることで一致したという。

 コグラー氏は「オーストリアは気候変動問題に関して、欧州でも国際的にもリーダーになる必要がある」と意気込みを語った。連立合意の詳細な内容は2日に発表する。

 前政権で移民の受け入れの厳…

この記事は有料記事です。残り357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!