[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、前会長は、弁護人が保管していた3通の旅券とは別に、フランス旅券1通を鍵付きのケースに入れて所持していたことが、関係者への取材でわかった。東京地検は2日午後、前会長が住んでいた東京都内の住居を出入国管理法違反容疑で家宅捜索。前会長はこの旅券を使ってレバノンに入国した可能性がありそうだ。

 前会長はレバノン、ブラジルの旅券と、フランスの旅券2通を所持。昨年4月の保釈時は、弁護人が全ての旅券を保管する条件になっていた。関係者によると、当初は弁護人がすべて保管していたが、前会長が日産の役職を解かれて日本の在留資格の証明書を失ったため、入管法上、旅券の携帯義務が生じたという。

 このため弁護団は保釈条件の変更を請求。東京地裁は昨年5月、中身が見える透明ケースに入れたフランス旅券1通の携帯を認めたという。自由に使えないようダイヤル式の鍵を付け、前会長に鍵の番号は知らせていなかったという。

 フランスでは、商用で海外出張を重ねる人などには旅券を2通持つことを認めており、多くの大企業経営者が旅券を2通持っているという。

 国土交通省によると、12月2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら