ゴーン被告、29日昼ごろ1人で外出か 監視カメラに姿

有料記事

[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=が不法に出国してレバノンに逃亡したとされる事件で、昨年12月29日午後に前会長が東京都港区内の住居から1人で外出する様子が、住居の監視カメラに映っていたことが関係者への取材でわかった。帰宅する場面の映像は確認されていないという。

 東京地検は警視庁の協力を得ながら周辺の防犯カメラなども捜査。前会長が出先で何者かと接触し、逃亡の支援を受けた可能性があるとみて、出国までの経緯を詳しく調べている。

 関係者によると、地検などは…

この記事は有料記事です。残り394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!