[PR]

 昨年7月、参院選神奈川選挙区で当選した4人の資産が6日、公開された。土地と建物の固定資産税の課税標準額と定期性の預貯金、有価証券(株式を除く)の総額では、日本維新の会の松沢成文氏が4170万円で最多となった。

 それぞれの資産に関する報告書や事務所、本人の説明によると、松沢氏は東京都世田谷区に自宅を所有し、東京都狛江市と川崎市多摩区の土地と建物を母親の死去により相続した。土地と建物の固定資産税の課税標準額は計4170万円。貸付金は1500万円、借入金は8370万円だった。自身の政治団体への貸し付けと、住宅ローンなど個人的な借り入れという。

 次いで多かったのは立憲民主党の牧山弘恵氏。東京都目黒区に共有名義で土地と建物を所有し、課税標準額は計2129万円だった。

 総額で3番目だったのは自民党…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース