[PR]

 第98回全国高校サッカー選手権大会の県代表・矢板中央は3日、千葉市のフクダ電子アリーナでの3回戦で、鵬学園(石川)に2―0で勝利し、ベスト8進出を決めた。矢板中央は3年連続の8強入り。

 矢板中央は前半14分、右サイドからのクロスをGKが捕球ミスしてゴール前にこぼれたところ、FW西村碧海選手が流し込んで先制。後半37分には、MF左合修土選手がボールを奪ってそのまま押し込んだ。

 矢板中央は栃木大会を通じて初の無失点。この日のシュート数は鵬学園の4に対して12だった。左合選手は初戦から3試合連続でのゴール。

 2年ぶりの準決勝進出をめざす矢板中央は5日、四日市中央工(三重)と東京・駒沢陸上競技場で対戦する。(中野渉