[PR]

 生活に困っている人たちに温かい食事を提供しようと、東京都新宿区で12月31日と1月4日、「年越し大人食堂」が開かれた。20代~60代の約百人が雑煮やカレーを味わった。

 年末年始は日雇いの仕事が減り、宿泊支援や一時的な生活費の貸し付けなどの公的支援が基本的に受けられないため、NPO法人POSSEと一般社団法人つくろい東京ファンドなどが初めて実施した。

 寮つきの仕事に就いていた男性(31)は、昨年10月に退職し、住む所がない。バーテンの仕事を見つけ、ネットカフェなどで生活。所持金40円ほどで大みそかに会場にたどり着いた。給料日の今月25日まで収入のあてがない。数日ぶりにご飯を食べ、団体の支援でサウナなどに泊まった。

 1着しかないズボンがやぶけて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら