[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した問題で、経由地になったトルコの治安当局は3日、前会長を運んだプライベートジェットのパイロット4人と運航会社の幹部1人を、逃亡に関わった疑いで逮捕した。トルコ紙によると、幹部は「レバノンの知人から『国際的に重要な業務』があると依頼を受けたが、乗客が誰かは知らなかった」と話しているという。

 トルコ紙ヒュリエットによると、この幹部は「協力しなければ、子どもや妻に被害が及ぶと脅された」とも説明しているという。運航記録が改ざんされた疑いもあり、トルコ当局はプライベートジェットを押収して、捜査を進めている。

 ゴーン前会長は12月29日夜、関西空港からトルコのイスタンブールに向かい、トルコ経由で30日にレバノンに着いたとされる。逃亡方法の全容は明らかになっていないが、協力者は他にもいたとみられている。

 米紙ウォールストリート・ジャ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら