「戦争求めてない」はずが司令官殺害、トランプ氏の誤算

有料会員記事イラン司令官殺害

マイアミ=渡辺丘、ワシントン=園田耕司
[PR]

 トランプ米政権が、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)を殺害したことで、米国とイランの軍事的衝突の可能性が高まっている。トランプ大統領は「戦争を止めるための行動だ」と訴えたが、イランは報復を宣言。「出口戦略」がないまま、両国は引くに引けない報復合戦に突き進むのか。

 「私の指示で、米軍がテロリストの首謀者を抹殺する完璧な作戦を実施した」

 3日、フロリダ州マイアミの教会。「USA」の大合唱で迎えられたトランプ氏キリスト教福音派の支持者らに、ソレイマニ司令官殺害の成果を誇った。

 しかし、トランプ氏のトーン…

この記事は有料会員記事です。残り1282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら