[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は4日、和歌山放送のラジオ番組に出演し、衆院解散・総選挙の見通しについて、「今すぐに解散しなければいけない必要は何もない」と述べ、早期の解散に否定的な考えを示した。

 二階氏は、国会で議論すべき課題が多くあるとした上で、「着実にこなしていくことを国民が求めているのではないか。今解散を求めているのはごく少数だ」と話した。

 番組は生放送で、和歌山県内選出の国会議員らが集まって政策課題や新年の抱負について意見を交わした。(山田知英)