拡大する写真・図版 赤間大志郎さん。ホームで乗客にあいさつをするのも楽しいという=山形県長井市のフラワー長井線・長井駅

[PR]

 山形県南部を走るローカル電車・フラワー長井線。赤間大志郎さん(51)は昨春、運行する山形鉄道(同県長井市)に入社し、総務部長に就いた。

 特に鉄道に詳しかったわけではない。第三セクターの経営は厳しく、事業計画を立てるのも楽じゃない。それでも、語学力を生かして外国人客の誘致を考え、営業に奔走する。同線は、プロレス列車や寄席列車など話題づくりで知られる。いまは天職だと思う。

 人生のレールは、いつどこで、どんな風につながるかわからない。赤間さんにとってそれは、2011年3月11日だった。

     ◇

 生まれ育った宮城県名取市閖上の自宅で、揺れに見舞われた。向かいのすし店主が「俺は逃げっぞ」と言いにきた。ラジオは大津波警報を知らせていた。

 思い込みとは恐ろしい。小学生…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら