憧れは世界王者の秀才チェン 沖縄の医学生スケート選手

有料会員記事

山下弘展
[PR]

 第92回日本学生氷上競技選手権大会のフィギュアスケート競技会が5日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで始まった。女子シングルに出場した琉球大医学部2年の渡辺那津子(21)は、沖縄にフィギュアスケートを広めることと、医師になるという二つの道を志している。

 フィギュアスケートは選手の技量によって初級から8級に分かれている。この大会も級ごとに成績を出しており、国際大会で活躍する樋口新葉明大)や坂本花織シスメックス、神戸学院大)は7級以上の組にエントリーしている。渡辺はこの日、5級の組で9位だった。「あまりうまくできなかった。悔しい」

 福岡市生まれ。小学4年生のころにスケートを始めた。さらに中学生のころ、ある映画を見て、医師になるという目標もできた。「『僕たちは世界を変えることができない。』です。(主演の)向井理さんにひかれて見たのですが、カンボジアの医療の現実に衝撃を受けました」

 県立福岡高に進み、受験勉強…

この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]