拡大する写真・図版 つくる・フォルスさん=2019年12月5日、大阪市中央区、柴田悠貴撮影

[PR]

 米ロサンゼルスに住む「美佐子」さんは、男でも女でもないエイジェンダー(無性)と自認している。それゆえに生まれながらの名前にずっと葛藤し、自分らしくあるために新しい名前をつくった。それは――。

 「美佐子、散歩に出るなら何時?」。昨年11月28日、家族や友人が集まる米国の祝日「感謝祭」。食事を楽しもうとロサンゼルスのアパートにやって来たジェームズ・ローリツェンさん(56)が台所に立つ美佐子さん(48)に声をかける。20年前まで夫婦だった2人。「私にとってはいつまでも美佐子。新しい名前も呼べるようになりたいけど」

 経営コンサルタントとして日米を行き来する美佐子さんは、長崎県佐世保市で生まれた。10歳上の姉、3歳上の兄のあと、父は「もう1人男の子がほしい」と思っていたと聞かされた。

 一人称はいつも「僕」。自分で女の子と思ったことは一度もない。幼稚園では女の子と遊ぶのが嫌だったが、男の子の仲間にも入りたくなかった。

 小学生のとき、ずいぶん前に撮ってもらった写真を家で見つけた。肩くらいまでのカールした髪に、白のセーターとピンクのズボン。3歳ぐらいの自分はうつむいていた。その写真をアルバムからはがし、裏にこう書いて貼り直した。

 「なぜ、どんなにねがってみて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら