京都)福知山城の入場者、昨年の4倍近く 正月三が日

横山健彦
[PR]

 戦国武将・明智光秀が建てた福知山城(京都府福知山市)の正月三が日の入場者が、昨年同期比で4倍近い2829人を記録した。NHK大河ドラマで光秀が主人公の「麒麟(きりん)がくる」が近く始まることから、関心が集まったとみられる。

 昨年の3日間の入場者は719人だった。市の担当者は「正確な記録はないが、1986年の福知山城再建以降、恐らく正月三が日としては過去最高」と話す。「光秀ゆかりの城で天守閣があるのは福知山城だけで、注目が集まったようだ」

 福知山市内では、福知山城や市動物園などを含む8施設の正月三が日の入場者が、昨年同期比で約1・6倍の8719人に増えた。(横山健彦)