[PR]

 2020年の政治はどうなるのか。安倍政権の足元では「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐって問題が噴き出す。野党は通常国会で追及を強める構えだ。安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切るのかどうかにも関心が集まる。

 恒例の年頭会見にのぞんだ安倍首相は、金びょうぶを背に冒頭から11分にわたって全世代型社会保障改革などへの意欲について語った。

 しかし、桜を見る会について質問が飛ぶと首相の表情がくもった。首相の答えは約30秒。他の代表質問への回答が3~4分だったことに比べても、この問題への首相の冷たさが際だつ。

 十分な説明をしようとしない首相の姿勢は、支持率にも影を落としている。朝日新聞が12月に行った世論調査では、安倍内閣の支持率は38%。不支持率は42%で、1年ぶりに不支持が支持を上回った。

 さらに昨年末には、安倍政権が成長戦略の柱とみていたIR事業をめぐり、元内閣府副大臣が逮捕された。

 20日に召集される予定の通常国会では、野党の厳しい追及を受けることは確実だ。共産党の志位和夫委員長は6日の会見で「桜を見る会、カジノ汚職。もう断崖絶壁まで安倍首相は追い詰められている」と語った。自民党の船田元・衆院議員も6日のメールマガジンで「安倍政権のタガの緩みが顕在化してきたようだ」と批判した。

 首相が局面打開をめざし、衆院…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら