[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=が不法に出国してレバノンに逃亡したとされる事件で、前会長が日本を出るまでの足取りが関係者への取材でわかった。前会長は出国したとみられる昨年12月29日の午後、東京・六本木のホテルに立ち寄った後、新幹線で大阪に移動して関西空港そばのホテルに入っていた。道中、米国籍の男2人が同行していたという。

 その後、男2人が空港そばのホテルを大きな箱を載せた台車を押して出て、プライベートジェットに搭乗。この間、前会長は姿が確認されていないといい、この2人から逃亡の支援を受けて、ホテルで箱に隠れて出国時の検査をかいくぐった可能性があるという。

 関係者によると、米国籍の男2人は前会長の出国に先立って入国。関西空港そばのホテルの一室に箱2個を運び込み、新幹線を使って六本木のホテルに向かったという。

 前会長は29日午後2時半ごろ、帽子とマスク姿で、保釈中の住居として定められた東京都港区の住宅から1人で外出。徒歩とタクシーでこの六本木のホテルに移動した。後から来た男2人と合流後、品川駅までタクシーに乗り、午後5時ごろ発の新幹線で新大阪駅へ。午後8時台に、タクシーで関西空港そばのホテルに3人で入ったという。

 その後、米国籍の男2人だけが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら