[PR]

【アピタル+】患者を生きる・職場で「視覚障害」

 視覚障害につながる目の病気には、様々なものがあります。主な病気の原因や治療法、予防策などについて、井上眼科病院(東京都千代田区)の井上賢治院長に聞きました。

拡大する写真・図版井上眼科病院の井上賢治院長=東京都千代田区

 ――網膜色素変性症とは、どのような病気でしょうか。

 目の中で光を感じる組織である網膜に異常が見られる遺伝性の病気です。進行性で、少しずつ暗いところで見えにくくなったり、視野が狭くなったり、視力が低下したりしていきます。いずれは視力を失うこともありますが、進行のスピードには個人差があります。難病に指定されていて、残念ながら今のところ根本的な治療法は確立されていません。

 ――白内障は。

 目の中でレンズの役割を担う水晶体が、濁って、見えにくくなっていく病気です。多くは、老化が原因です。濁った水晶体をもとに戻すことはできませんが、手術で水晶体を取り除き、眼内レンズを入れる治療法が、一般的に行われています。手術をすれば、ほとんどの方は見え方が回復します。

 ――緑内障は。

 日本の失明原因のトップが緑内障です。眼球内の圧力である眼圧が上昇することで視神経が圧迫されて異常をきたし、見えない部分が出てきたり、視野が狭くなったりします。一度失われた視神経を元に戻すことはできません。ですから、早期発見し、進行を遅らせることが求められます。点眼薬による薬物療法、レーザーを用いるレーザー治療、手術という主に三つの方法のいずれか、または組み合わせで、眼圧を下げていきます。視神経を回復させることはできませんが、進行を遅らせることで、失明のリスクを減らすことができます。

――網膜剝離(はくり)は。

 眼球の内側にある網膜が、何らかの原因ではがれてしまう病気です。そうなる前に、視界に黒い点や虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊(ひぶん)症がでることが多いです。一方で、飛蚊症は加齢によっても起こることがあるので、検査をして見分けることが大切です。網膜に穴があく網膜裂孔の場合、網膜に穴があいて、そこから網膜がはがれて網膜剝離になっていきます。穴があいただけの段階ならば、まわりにレーザーをあてることで網膜剝離の進行を遅らせることができます。網膜剝離が発生した後では、多くは手術が必要です。大きく分けて、外から剝離した網膜を抑えつける手術と、目の中に細い手術器具を入れて中から治療する硝子体手術という二つの方法があります。強度の近視の人やアトピー性皮膚炎で習慣的に目の周辺をかいたり、衝撃を受けたりすると危険性が高くなるので注意をして下さい。

――目の病気の原因や治療法は色々ですね。

 同じように見えにくくなっても、何が原因かを調べることが重要です。けれど、ちょっとぐらい異常があっても眼科を受診しない人がほとんどです。また、片目が見えにくくなっていても、もう片方が見えていると目の病気になっていることに気づかないことが多いです。左右それぞれ片目ずつ見え方のセルフチェックを習慣づけることをお勧めします。目の病気全般を見つけるための良い方法です。見え方に異常があったら、眼科を受診しましょう。また、ドライアイや眼精疲労の予防のために、パソコンやスマホを長時間使用する場合は、定期的に休むことが大切です。

 ――見えにくさのために生活に支障が出ている人を支援していくロービジョンケアの必要性が言われています。

 実は、私の病院でも、(連載に登場した網膜色素変性症の)石原純子さんを採用するまでは、肢体不自由の方は雇用していたのに視覚障害の方は雇っていませんでした。でも、眼科専門病院なのにおかしいですよね。IT機器の進歩で、目の見えない方もパソコンやiPadなどを使いこなせるようになっています。視覚障害者の方が前向きになって輝ける仕事はないかと考えて、視覚障害者という同じ立場からIT機器の使い方を患者さんに教える仕事をしてもらうことにしました。目の見えづらさというのは当事者でなければなかなか分からないものです。実際に職員に視覚障害者の方がいると、他の職員も素朴な質問ができ、視覚障害者の人が感じていることをリアルに知ることができるようになりました。すごくプラスになっていると思います。視覚障害者の方には、前向きに人生を考えて欲しい。目は見えなくても、他の感覚が研ぎ澄まされていって、楽しめることは多くあるはずです。

 ご意見・体験は、氏名と連絡先を明記のうえ、iryo-k@asahi.comメールするへお寄せください。

<アピタル:患者を生きる・職場で>

http://www.asahi.com/apital/special/ikiru/