[PR]

 入れ歯のそうじをしっかりしていない人は肺炎にかかる確率が高いとする研究結果を、東北大などのチームが発表した。入れ歯の表面につく細菌がそうじをしないことで残り、肺に入り込んで肺炎を起こしている可能性があるという。

 高齢者の健康対策づくりなどに取り組む「日本老年学的評価研究」に参加する65歳以上の約7万人に、毎日入れ歯の手入れをしているか、過去1年以内に肺炎を起こしたかを尋ねた。

 すると、全体の2・3%が肺炎…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら