自衛隊の中東派遣、心配は「していない」 菅官房長官

安倍龍太郎
[PR]

 菅義偉官房長官は6日、BSフジの報道番組で、緊張が高まっている中東地域への自衛隊派遣について「(心配は)していない」と述べ、予定通り実施する考えを示した。米国とイランとの関係が極度に悪化していることについて「両方の国が信頼しているのが日本ではないか。外交努力で緊張緩和の努力を全力でやるべきだ」と語った。

 菅氏は自衛隊の中東派遣について「米国、イランにもしっかり説明させていただいている」と強調。「イランは自衛隊の活動を歓迎するか」と問われ、「少なくとも理解は示しているのではないか」と述べた。

 一方、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件について「大変残念だ」とする一方、「この問題はIR以前の問題ではないか。外国(企業からの)献金は禁止されている」と繰り返し、政府として予定通りIRの整備を進めていく考えを示した。

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が逃亡した問題について問われると、菅氏は「最初に聞いたときに絶句した」と振り返った。一方、日本の司法制度は適切に運用されているとの立場を繰り返し、「今回の出国に至った経緯をしっかり解明し、二度と再びこうしたことが起こらない対応を行っていく」と述べた。(安倍龍太郎)