[PR]

 2月のバレンタインデーに向け、百貨店各社が早くもPRに躍起だ。義理チョコを贈る人が減っていることを背景に市場が縮小傾向となるなか、各社は、男女を問わず自分のために買いたくなるよう、店に来て楽しんでもらえる仕掛けに力を入れる。品ぞろえでは、健康や社会貢献を意識した商品を充実させた。

 高島屋の今年のテーマは「自分買い」。これまで30~40代の女性に絞り込んでいたターゲットを老若男女に広げ、自分のために買える商品をとりそろえたという。高島屋MD本部の古川泰照バイヤーは「チョコ好きの祭典として、市場を新たに変えていきたい」という。

 売りは、新宿店や日本橋店など…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら