萩生田文科相「IRが問題あるわけではない」 事件受け

有料会員記事

宮崎亮
[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり衆院議員の秋元司容疑者(48)が収賄容疑で逮捕された汚職事件について、萩生田光一文部科学相は7日の会見で「IR事業そのものが問題があるわけではないという認識」だと述べた。同氏は超党派でつくる「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)の一員で、昨年9月まで事務局長を務めていた。

 萩生田氏によると、文科相就任翌日の昨年9月12日付で事務局長を辞任。以降、総会が開かれておらず、後任は未定という。

ここから続き

 同氏は7日、事件の受け止め…

この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。