[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件に関連して、中国企業側から100万円の受領を認めた日本維新の会の下地幹郎衆院議員(58)=比例九州=は7日、離党届を出したことを明らかにした。議員辞職については「通常国会開会までに結論を出したい」と話した。

 那覇市の事務所で後援会幹部らと協議した後、記者団に「党のイメージを考えて早めに離党することにした」と述べた。

 下地氏は6日の記者会見で、贈賄容疑で逮捕された中国企業「500ドットコム」顧問の紺野昌彦容疑者(48)から現金を受け取っていたことを認めた。政治資金収支報告書に記載していなかった。

 日本維新の会の吉村洋文副代表…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら