夜廻り猫、震災と深い縁 取り返しつかない…痛感の先に

有料会員記事阪神・淡路大震災

聞き手・小池寛木

 夜回りする猫の遠藤平蔵が心で泣くひとに耳を傾ける人気漫画「夜廻(よまわ)り猫」。作者の深谷かほるさん(57)は、25年前の阪神大震災で被災した神戸の街を歩き、作品を描いた。多くの人の心に傷痕を残した震災。深谷さんに作品に込めた思いや、故郷の福島を襲った東日本大震災についても聴いた。

――阪神大震災が発生した1995年1月17日はどう過ごしていましたか?

 東京の自宅でニュースを見て、まさか本当なんだろうかと思いました。高速道路が横倒しになったり、激しい火災の様子だったり、こんな状況は見たことなくて驚きました。

――印象に残っていることはありますか?

 阪神大震災を経験した女性の…

この記事は有料会員記事です。残り2038文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

1.17 再現/阪神・淡路大震災

1.17 再現/阪神・淡路大震災

あの日、何が起こったのか。阪神・淡路大震災を映像や音声でお伝えします。[記事一覧へ]