[PR]

 静岡市清水区の入浴施設「駿河健康ランド」が乳がん啓発に力を入れている。手術痕を隠すためのカバーの貸し出しや定期的な自己検診の呼び掛けなど、7年間で着々と支援策を広げてきた。患者であるなしに関係なく、女性たちの集いの場になっている。

 女湯の入り口に「バスタイムカバー無料貸出」と書かれたポスターが掲げられている。乳がんの手術痕を隠すため、胸を覆うカバーのことだ。2013年、支配人の海老岡幸江さん(54)は、乳がんで手術を受けたという利用者から「カバーを着用していいか」と問い合わせを受けた。「必要としている人がいるならば」と貸し出しを始めた。

 扱っているのは速乾性に優れたメッシュ素材のカバーで、売店で販売もしている。当初は月に1人いるかいないかだったが、今では毎月十数人に貸し出す。利用者からは「気兼ねなくお風呂に入れるのがうれしい」と好評だ。

 乳がんへの関心を深めた海老岡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら