[PR]

 体の様々な組織になれるiPS細胞を備蓄し、再生医療用に提供する京都大iPS細胞研究所のストック事業について、一部のiPS細胞の出荷後、がんに関連する遺伝子などに異常が起きていたことがわかった。

 京大はiPS細胞を再生医療の研究機関に提供しており、提供先が様々な組織に変化させて患者に移植する。ストック事業は、患者への移植後の拒絶反応が起きにくい特殊なタイプの人から提供してもらった血液を基に、iPS細胞をつくって備蓄するもの。患者本人のiPS細胞をつくるよりも早く、コストを抑えられるメリットがある。

 iPS研によると、提供したiPS細胞の一部で、がんに関連する遺伝子などの異常が見つかった。提供時点で異常がないことを確認しており、提供後の培養や、組織に変化させた後で異常が起きたとみられる。関係者によれば、がんを抑制する働きなどを持つ遺伝子「ARID1A」に異常があった。

 これまで患者に移植した組織は、直前に遺伝子をすべて解析して異常がないものを選んで使っているため、安全性は確保できている。iPS研の担当者は「どんな細胞でも増殖すれば異常が起きる可能性があり、研究途上にある」と話している。