[PR]

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、イランによる米軍へのミサイル攻撃で緊張が高まる中東海域への自衛隊派遣について、「現時点において方針に変更はなく、現地の情勢を見極めつつ、準備に万全を期していきたい」と述べた。現状では、昨年末の閣議決定通りに派遣の準備を進める考えを示した。

 菅氏は会見で、派遣の理由について「日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集というのは、強化する必要があると考えている」との説明を繰り返した。11日から予定している安倍晋三首相の中東訪問を延期する可能性については、「今般の事態も含めた現地の情勢を見極めながら判断したい」と話した。

 また、政府は8日午前、国家安…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら