[PR]

 お父さんたち、ご飯作ってますか? 無頼派と呼ばれた作家檀一雄(1912~76)のベストセラー『檀流クッキング』は、世の男性たちにも料理の楽しさを伝えました。刊行から半世紀、「男の料理」は珍しくなくなりましたが、台所の日常は変わったのでしょうか。

料理の取材続き「私は作家」

 〈ただ十歳のころから、ヤミクモに、自分の食べるものは、自分でつくって、食べてきたという、男である〉

 1969年から新聞連載し、70年に単行本が刊行された『檀流クッキング』で、檀は母の家出をきっかけに少年時代から料理をするようになった、と明かす。『火宅の人』『リツ子・その愛』を著し、最後の無頼派と呼ばれた檀は「放浪の作家」でもあり、国内外でおぼえた料理を次から次に作っていく。

 カツオのたたき、モツ料理、豚の角煮、カレーライス、サバ・イワシの煮付け、トウガンの丸蒸しスープ、ボルシチ、パエリヤ……。身近な料理も、当時はなじみの薄い外国料理もある。〈割合はどうするかって? どうだっていい〉〈何だっていいのである〉。細かい手順は示さず、作り手に委ねることもある。

 長男で映像プロデューサー・エ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら