[PR]

 大麻取締法違反(輸入)などの罪に問われたスノーボードハーフパイプ元五輪代表のプロスノーボーダー国母(こくぼ)和宏被告(31)=北海道千歳市=の初公判が8日、東京地裁であった。国母被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側が懲役3年を求刑して即日結審した。判決は28日に言い渡される。

 検察側は冒頭陳述で、国母被告は幻覚成分を濃縮して精製した「大麻製品」約57グラムを米国で購入したと指摘。2018年12月に共犯の男(執行猶予付きの有罪判決が確定)に半分譲る条件で、国際郵便で日本に輸入して男の自宅に送ろうとしたが、東京税関の検査で発見されたと説明した。

 国母被告は被告人質問で、14歳の頃から米国などで大麻を使い始めたと明かし、「米国での生活が長くてまひしていた。反省している」と述べ、日常的に使っていたと示唆した。裁判官に今後について問われ、「大麻と関わることの全てが違法だとは思っていない」としつつ、「違法なことはしません」と述べて国内では使わないと誓った。

 国母被告は06年トリノ五輪に初出場し、10年バンクーバー五輪で8位入賞。その後は世界有数のプロスノーボーダーとして、険しい雪山を滑る映像に出演するなどの活躍をしていた。(北沢拓也)