[PR]

 日本原子力発電の村松衛社長は8日、新年のあいさつに福井県庁を訪れ、杉本達治知事と面談した。停止中の敦賀原発2号機(敦賀市)の再稼働を巡る原子力規制委員会の審査について、村松社長は「今年が山だと思うので、しっかり頑張っていきたい」と述べた。

 敦賀原発2号機は、原子炉建屋の真下に活断層がある可能性が指摘されている。原電は「活断層ではない」と主張している。

 また、面談の中で村松社長は、関西電力幹部らによる金品受領問題について「原子力事業を進めている立場として、大変重く受け止めている」と述べた。取引先から金品や中元、歳暮を受け取らないことなどを定めた行動指針を制定したとし、「ルールとモラルを守って対応していきたい」と述べた。面談後の報道陣の取材に「私自身も含め、役員らに不適切な金品の受領はないことを確認している」と話した。(八百板一平)